教育の理想を求めて

目次



A プロローグ
B 試験制度
C 問題意識
D 受験勉強
E 暗記・暗唱
F 自主性・個性を重んじる教育
G 実学としての教育
H 躾(しつけ)
I 子供の世界
J 遊びと教育
K 少年犯罪
L 性教育
M 志
N 因果応報
O 思想に、政治に、宗教の話
P 普通高校
Q 日本人と言う事
R 現実と空想の狭間で
S 成  績
T 落第をしなさいよ
U おちこぼれ
V 学ぶべき事
W 学ぶと言う事
X 学ぶ喜び
Y 働く喜び
Z 権威主義
AA 平等と同等
AB 形式主義
AC 教育とは、単純・反復・繰り返しが基本である
AD 教育の基本は、真似(マネ)である
AE 大   学
AF 成   長
AG フィードバック
AH 新家族主義(教育と家業)
AI 言行の不一致
AJ ニート・フリーター・引き籠もり
AK 環    境
AL 考えると言う事
AM 洗   脳
AN 聖と俗(賤商主義)
AO 誉める事と叱る事
AP 虐め(いじめ)
AQ 社会との断絶
AR 師弟関係(師と先生)
AS 脳科学
AT 教育と思想
AU 迷惑と恥
AV マッチポンプ
AW 教育という産業
AX 何が必要なのか
AY 教育と地域社会
AZ 自己喪失・自己乖離
BA 反体制・反権威
BB 不徳・不明・無能
BC 教育と育児(お袋)
BD 燃え尽き症候群
BE 死への恐怖、死という現実
BF スポーツ
BG 共鳴・共感
BH 報告・連絡・相談
BI 失敗の原因
BJ 社会勉強
BK 責任感
BL 哲学を学ぶ
BM 絶対と相対
BN 英才教育について
BO 道場と学校
BP 主体性と独創性
BQ 洗 脳 U
BR 規   律
BS 教育と思想
BT 反体制という思想
BU 働くと言う事
BV 日本人として
BW 何を学ぶべきなのか
BX 公について
BY 何を教えるべきか
BZ 教育と洗脳
CA 恩師と先生
CB 職場の在り方が文化を形成する
CC 清く、正しく、美しく
CD 植民地教育
CE 武士道
CF 過信と自負
CG 礼   節
CH  恩
CI  忠と孝
CJ  規律と秩序
CK 何を信じたらいいのか
CL 覚悟をどう教えるか
CM 暴力装置T
CN 暴力装置U
CO 剣道修行
CP 弱者の戦法
CQ 指導すると言う事
CR 坂本龍馬が流行っているけれど・・・
CS 美    学
CT 悪とは
CU 思想、哲学とは
CV 決    断
CX 仲間の大切さ、信頼の大切を教える事。
CY 決断力を養う事
CZ 修行とは
DA 鬱と三無主義
DB 老いを学ぶ
DC 成績は悪かったですね
DE 自由の大切さについて
DF 自由の大切さについて2
DG 今の学校では・・・。
DH 勉強の面白味をいかに教えるか。
DI 団塊の世代に言えること。
DJ 自分の限界を知る事
DK 手順、段取りが大切
DL 後継者に
DM 二宮金次郎
DN MTP
DO 陰謀史観
DP 思うと言う事
DQ 何を学べばいいの
DR 武   道
DS 男女同権
DT 暴力について
DU 慟哭
DV 私は待っている
DW 体罰と反権威の関係
DX 形を重んじる。
DY 負け犬になるな
DZ 変革
EA どうにかするのか、どうにかなるのか。
EB 世の中と学校の違い
EC なぜ勉強をするの
ED 仕事を学ぶ
EE チームワークや集団活動を学ぼう
EF 会社とは何だろう
EG 形に学ぶ。形を学ぶ。形を学ぶ。
EH 筋
EI 真面目に仕事をしよう
EJ 仕事を楽しもう
EK 決断を学ぶ
EL 普通、平凡
EM 挫  折
EN 教育の目的について
EO 未来の子供達に・・・。
EP 道徳教育について
EQ 段取りをとる
ER 師(先生と呼ばないで)
ES 先ず思う事
ET 巣立ち
EW 馴れ
EX 恩義、信義
EY 厳しさ
EZ 勉強を楽しもう
FA 進化か、退化か
FB 人の道
FC 男と女の違い
 FD 強制のない教育はあり得ない
FE 平凡のすすめ
 FF 学校は決めつけが多い
 FG 事前の準備
FH 威厳
 FI 決められない病気
FJ 自信を持てるように
FK 人生の主人公
FL 教室は、可能性を追求する場
 FM 問題意識U
FN 地図の書き方
FO 孤独
FP 親に反発して
 FQ 勉強が出来るかどうか
FR なぜ諦める必要があるのだろう
FS 仕事の論理
 FT 他人の言動に惑わされるな
 FU 子を持って知る親の愛
 FV 誰が最初か。
FW 井戸端会議と会議は違う
 FX 遠く去って行く君へ
FY 旅立つと言う事
FZ 厳しさを求めて
 GA 仕事には始まり終わりがある。
 GB 憲法とは
GC 形について
GD たった三十分
GE 上手くいかないからと言って
GF 基本
 GG いった事しかできない
GH 仕事の基本
 GI 何を公平とするか
GJ チームワークを学ぶ
GK 優等生の憂鬱
 GL 差があるのが当たり前
GM しようがない
 GN 報告書の書き方
 GO 自信
GP 企画書の書き方(計画の立て方)
 GQ 道  徳
 GR 教育の原点
GS 解ったと思うな
GT 心の病
 GU 英語はコミュニケーションの手段です。
GV 共鳴共感
 GW 何を望んでいるのか
 GX 多くの人は自分の得意な分野で失敗する
GY 敗者復活
 GZ 大切なのは平衡感覚
 HA 哲学なんて難しくない
HB やらない理由、できない原因
HC 状態を作る
 HD 徒弟制度
 HE 良い父親
 HF 四季を感じる仕事
HG 物事には順序がある
HH 問題意識V
HI 組織的意志決定
HJ やる気
HK 夢
 HL 希望
HM 経済とボランティア
HN 気
H0 リーダーシップ
HP 定石・手順
HQ 考える事、言う事、やる事
HR 世話をやく
 HS 普遍性と特殊性
HT 確 認
HU 基本は、形にある
HV 平 等
 HW 構想を練る。
 HX 会議を開こう
 HY 情報は縦の流れだけではない
 HZ 教えられるのが下手
IA 組織嫌い
 IB 組織の原則
 IC 経営者とは
  ID 試験問題とは
IE 差をつける事
IF 恥はかいて知る事
 IG 行動しか信じない
IH 不寛容
 II 落とし処
IJ 人は感情で決断する。
 IK 指示・命令について。
 IL 社会に出てから困らないようにするためには。
 IM 自分を直視しないと・・・。
IN わかるという事
IO 基本について
IP リーダの在り方。奴働き
 IQ 管理はプロセス
 IR 虚勢を張る
 IS 信用問題
IT 決めてください
 IU なぜ歴史を学ぶのか
 IV 最初が肝心
IW プライバシー
 IX 精神修養
 IY 立ち位置・立場
 IZ 人は快楽に弱いものである。
 JA 権利と義務
JB 自分の形を作る。
JC 報告は礼儀である。
JD 基本とは、
JE 仕事を始めるにあたって
JF チームワークの基本
 JG 法と礼
 JH 本音と建て前
JI わからないという事
 JJ 仕事を覚える。仕事に学ぶ
JK 脚下照顧
 JL 組  織
JM 昨日・今日・明日
 JN マネージメントは、大工仕事みたいな事
JO パーソナリティ障害
 JP 決めるという事
JQ ルール
JR 準  備
JS 仲  間
 JT 必要とされる人間
JU 言葉だけに意味があるわけではない
 JV 平等とは
 JW 口答え・言い訳はするな
JX 近代民主主義とは
 JZ 市場とは
 KA 忠誠心
KB 筋道を立てる
KC 計画は、作曲に似ている
KD 感  謝
KE 必要されるという事
KF 医学について
 KG 反体制・反権威・反権力
KH 企  画
KI 学ぼうと思えば。
KJ 組織の寿命
KK 恐れられる存在
KL 形而上学
KM 馬鹿は馬鹿さ
KN 確認に始まり
KO 計画に力あり
KP 世  代
KQ 過去を捨てたところで
KR 何がわかっているのか
KS 絵を描く時の目処
KT 要件定義
KV 正  式
KW 予測・時系列・音楽・企画
KX 何事にも始まりと終わりがある、
KY 義務教育について
KZ 任せるという事
LA 男尊女卑
LB 議論するにあたって
LC 規  則
LD 戦  争
LE 常識・基本、日常性
LF 人工知能を怖れるなんて






番外 集合


             


ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、 一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2010 3.15Keiichirou Koyano