先ず思う事

先ず思わなければ駄目。




先ず、思わなければ始まらない。でも思うだけでは駄目、言葉にしなければ。
言葉にするだけでは駄目。紙に書かなければ。
紙に書くだけでは駄目。皆に見せなければ。
皆に見せるだけでは駄目、相手の意見を聞かなければ。
相手の意見を聞くだけでは駄目、決めなければ。
決めただけでは駄目。指示をしなければ。
指示をするだけでは駄目。確認しなければ。
確認するだけでは駄目。周知しなければ。
周知するだけでは駄目。実行しなければ。
実行するだけでは駄目。報告を受けなければ。
報告するだけでは駄目。反省しなければ。
反省するだけでは駄目。記録しなければ。

物事は、段階を踏んで進んでいく。
その段階一つ一つを潰すように話を進めていくのである。

学校と社会の決定的な違いは、学校は一方通行であるのに対して、社会は双方向だという点にある。学校生活が長かった人はこの点になかなか気がつかない。学校を生徒が変えようとしてもなかなか変わらない。先生と生徒の関係は普遍なのである。
社会は、努力すれば自分達の手で変えられるのである。
企業は、社員が自分達の手で
日々作り上げている物なのである。

だから社会に出たら、取り敢えず勇気を出してやってみるのである。
とりあえず言ってみる。言えばわかる。わかれば決まる。決まればやれる。やればできる。
言えばできる。やれば成功する可能性ができる。
言っても駄目。やっても駄目と最初から決めつけている者に、明日はない。そういう者は、言う前からどうせ言ったって無駄さ。誰も聞いてはくれないのだから、どうせやったって駄目さ。できやしないのだからやる前から決めつけている。そうなると言ったところで相手は聞いてくれない。そうすると、やっぱり誰も聞いてくれないと確信を強めてしまう。こうなると救いようがない。

                content         


ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、 一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2014.8.7 Keiichirou Koyano
教   育